スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年09月02日

西側に染まった連邦保安庁装備を糾弾する!!

「この米帝OPS-COREのチンストラップは米帝 Team Wendy製ではないのか?」
とある善良な西側帝国主義勢力の人民による内部告発を発端に、久しぶりの本企画を行うことにした!!



この清々・・・・ いやいや、邪悪な西側のマルチカム包まれた連邦保安庁所属の特殊部隊員をご覧になっていただきたい!!




1 UR-TACTICAL製OPS-CORE用ヘルメットカバー

2 米帝Princeton Tec MPLS

3 米帝 Team Wendy製チンストラップ

新進気鋭のメーカーと思ったら、17年ほど前に設立され、同社が2012年に販売したEXFILクティカルバンプヘルメットは思想的に劣った米帝陸軍・空軍特殊部隊にも採用されているとのこと。
装備のアクセントを付けるオサレアイテムとして欲しい・・・


4 謎のワッペン
最近のFSB系のミリフォトにたま~に出てくるけど、マニアック過ぎて、海外のSNSやサイトでも、誰も興味を示さない、オサレアイテム!!
ネームワッペンなのか、コールサインワッペンなのか不明であるが、とにかく欲しい!!!


5 ブリテン野郎 Warrior Assault Systems製 DCS Plate Carrier

6 ブリテン野郎 Warrior Assault Systems製 Elite Ops Cargo Pack

7 米帝CRYE製コンシャツG3
のはずだけど怪しい部分が・・・・

最近のFSB系ミリフォトでよく目にするG3コンシャツだけど・・・・

堕落した資本主義の象徴である米帝CRYEのタグがない。
ベルクロの色が、なんとな~く変な気がする(色が白っぽい)。


でも、マルチカムの生地は使っている。



も~訳判らんバイ!!!(涙


ということで、今後も継続して謎のコンシャツを調べていこうと思います。  

Posted by バカーチン少尉(Lt.Bakatin ) at 19:48Comments(2)連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力

2013年12月18日

ジョンブル野郎の襲来!!

帝国主義の元祖とも言うべき、イギリスがゲルマンスキーやアメリカンスキーとともに我が、連邦保安庁に深く浸透していることが発覚し、糾弾すべく本ブログを更新するに至った!!


バカーチンが興味を示した全身マルチ野郎、全てはここから始まった・・・

バカーチン:「か、カッコイイ!!欲しい・・・・」
バカーチン:「け、汚らわしい!!資本主義に塗れている!!」



以前、某同志から教えてもらった「Warrior Assault Systems」なる西側臭のする汚らわしい名前を思い出し、検索を掛けてみると驚くべき発見が!!


「ジョンブル野郎製Warrior Assault Systems DCS Plate Carrier 」


1と2の類似点に注目されたい!!イギリス製プレキャリを使用している証拠であると断言しても過言ではないであろう!!

このマルチ野郎もアーマーの形状からして同社製のプレキャリの可能性が非常に高い、更に米帝SEALsみたいに背中に付けているMAP(モジュラー・アサルト・パック)も調べてみると同社製の製品と一致した!!

ブリテン野郎が連邦保安庁に危険な帝国主義の思想を広めていることを更に確認すべく、来年夏までには、バカーチン自ら危険を冒して同社製プレキャリを導入する決断を下した!!

なお、同社の製品はアメリカ帝国主義の手先である米帝EAGLEや米帝LBTのような暴利を貪る価格ではなく、労働者階級にも優しい低価格である!! (あ~よかった!)


更に、この画像を見ていただきたい!!

InterPolitex2013のブースにWarrior Assault Systems も出店していた!!


更に気になって全世界の奇特な現用Alfaファンに衝撃を与えた、アノ画像を再度見てみた。

ジョンブル製プレキャリ?


ということで、来年こそは全身マルチ野郎系装備を集めます!!  

Posted by バカーチン少尉(Lt.Bakatin ) at 19:57Comments(6)連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力

2013年06月16日

ゲルマンスキーの襲来、再び!!!

連邦保安庁に浸食する西側装備を 検証糾弾する新しいカテゴリーとして「連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力」というカテゴリーを追加しました。今後、不定期ながら資本主義勢力の卑劣な手段による浸透状況をレポートしていきたいと思います。


連邦保安庁に襲い掛かる勢力はアメリカ帝国だけではありません!
歴史的に不倶戴天の敵であるゲルマンスキー(ドイツ)も、米帝に勝るとも劣らぬ卑劣な手段で深く浸透していたことが発覚しました!!


「2011年連邦保安庁射撃競技会」 53秒辺りに出てくる隊員のチェストリグがずっと気になっていました。


そして、最近の画像



たまたま、ネット空間を彷徨い歩いていたら偶然、見つけてしまいました!!

ゲルマンスキー タスマニアタイガー製チェストリグMk2


DEFENDER-2との組み合わせも良さげな感じです。


そういえば、ロシアFORT社もこんなモンを作っていました。

まるで米帝EAGLE製RRVを・・・・・
いやいや、物欲との戦いが続きそうです。
  

Posted by バカーチン少尉(Lt.Bakatin ) at 08:06Comments(15)連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力

2013年05月04日

連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力(その2)

昨日のプレキャリに引き続き、連邦保安庁特殊部隊「アルファー」隊員の西側製装備品について解説します。



1 共通事項
(1) 米帝OPS-COREバリスティックヘルメットとPELTORヘッドセットを使用している。
(2) ヘルメットにPVSナイトビジョンマウントが付けられている。(別画像ではPVS-14を使用)  
(3) 米帝CRYE製コンシャツ・コンパンを着用している。(1号についてはソフトシェルの下にコンシャツを着用していると推測)


2 アルファー隊員1号
(1) なぜか米帝EAGLE製のレンジャーグリーンカラーのラジオポーチ
(2) 米帝HSGI製TACOマグポーチ

(3) 米帝EMDOM製ダンプポーチ
(4) 米帝Mechanix製M-Pactグローブ

アルファー隊員2号
(5)  米帝UNDER ARMOR製 Tactical Blackout Gloves
(6) 最近、ちょこちょこ露出するM4、太くてエロそうなサイレンサーが露臭漂う

一度、西側化から東側に亡命したのにまた、帝国主義の象徴である米帝EAGLEのボディーアーマーやらHSGI製のポーチの導入を検討するとは・・・・・
今後もアルファーから目が離せません!
  

Posted by バカーチン少尉(Lt.Bakatin ) at 11:47Comments(4)連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力

2013年05月03日

連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力

先日、初めてコメントを戴いたNIVEA同志とロシアで使われている西側製プレキャリについて盛り上がりました。
同志が非常に分かり易い解説をブログにアップされていたのを見てパ◎リ、いやいや援護射撃をすべく私も同様のネタを立ち上げました。

アルファー隊員と実物のプレキャリの比較した画像になります。類似点を列挙していきますが、ここで明示した以外にも類似点がいくつかありますので、NIVEA同志のブログを参考にしてください。


こちらは全世界のロシア装備ファンの99%を失望させ、残りの1%に夢と希望を与えた画像です。勿論、私は後者ですが・・・

その1


米帝EAGLE製CIRAS Maritimeを着用したアルファー隊員です。
1 ショルダーパッドが実物の画像と一致している。
2 アルファー隊員のショルダーパッドの下の樹脂製のカラビナ GrimLocを固定しているをモールが実物の画像と一致している。



その2


以前から気なっていたアルファー隊員2号が着用しているプレキャリも、今回のNIVEA同志とのやり取りの過程で、米帝EAGLE製カマーバンド付プレキャリではないかと判断しています。
1 ショルダーの部分がアルファー隊員と違うがストラップが実物の画像と合致している。なお、ショルダーについてはCIRASのパッドを流用していると思われる。
2 プレキャリの淵の部分が実物の画像と酷似している。また、プレキャリの形状と着用した際の、胸のあたりの隙間が一致していると推察される。

今回は、手元にある画像を元に判断しましたが今後、更なる画像が公開されることを期待します。

あと、個人的にもアルファー隊員が身に付けているポーチやグローブも非常に気になるので、次のネタとして取っておきます。  

Posted by バカーチン少尉(Lt.Bakatin ) at 18:30Comments(9)連邦保安庁に魔の手を伸ばす資本主義勢力